自己啓発に疲れてしまうのはなぜ?特徴と原因、改善法を専門家が解説

疲れている女性

自己啓発に疲れてしまう人は身の回りにいますか?

その人達に共通している特徴とは何でしょうか?

また、自己啓発を辞めてしまう人も同様です。

この人達の共通している原因はなんでしょうか?

これらをしっかりと正しく理解することで、自分が自己啓発を行う際に同じ轍を踏むことなく、進むことができるようになります。

成功哲学同様に、不成功哲学も学ぶことで、自身の成功の糧と変えることができるようになるのです。

この記事では、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、自己啓発に疲れてしまう人の特徴と、自己啓発を辞めてしまう人の原因、またその改善法について、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発に疲れてしまう人の特徴

チェックリスト

自己啓発に疲れてしまう人の特徴は以下の通りです。

  • ステップアップさせず、いきなり最大負荷で自己啓発を行う
  • 早く成果が得たいからと、自己啓発にも速さを求める
  • 自分に合った自己啓発ではなく、とにかく何でも取り入れる
  • 自己啓発が何とかしてくれると、過度な期待をしている

これらは実際に、私がこれまでの自己啓発に従事している20年間の間に、会ってヒアリングを行った方々の統計です。

自己啓発がきちんと出来ずに疲れてしまう人で、一番多いものは、いきなり最大負荷で自己啓発を行うことです。

読書でも良いのですが、これまで書籍を読んでいない人が、いきなり毎日1冊読むのは無理があります。

自己啓発で読書を検討している人が、事前に知っておきたいポイントについては以下の記事も参考になります。

これは分かりやすく例えるなら、普段筋トレをしない人が、筋トレ初日から腕立て伏せ100回のノルマで始めるようなものです。

そして自己啓発に疲れる人の特徴で次に多いのが、自己啓発を始める以上は、何かしらの成果を求めているものですが、その成果を早く得たいからといって、自己啓発にもスピードを求めるのは間違いです。

例えば、筋トレで痩せたいからと言って、腕立て伏せを高速で行ったところで、痩せるスピードも高速になるかと言ったら、そんな事はありませんよね。

自己啓発で体力作りに筋トレや運動を検討している人には、以下の記事も参考になります。

その次に多いのが、自分に合っているかどうかを見極めずに、何でも取り入れていることで自己啓発に疲れてしまうケースです。

筋トレをしたい人も、どの部位を鍛えたいのか、筋肉を増やしたいのか、それとも痩せたいのかで行う筋トレのメニューも変わってきますよね。

自己啓発でも、自分が何を改善、身につけたいのかを明確にしておかないと、必要ないものや間違ったものを身につけることになり、結果的に望んでいる成果を得ることが出来ずに、疲れてしまいます。

自己啓発が無駄に終わる人の特徴について知りたい方は、以下の記事も参考になります。

最後に自己啓発に疲れる人の特徴は、自己啓発に過度な期待をしていることです。

分かりやすく例えるなら、筋トレを行えば明日には痩せていると、勘違いしているようなものです。

筋トレやダイエットも効果を実感するためには、継続しないことには成果としても現れません。

途中で挫折しないためにも、始める段階で現実を見ることと、明確な目標とその達成のための計画は、必須となります。

続いて、自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因について、詳しく解説していきます。

自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因

チェックリスト

自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因は以下の通りです。

  • 無計画による、ゴールが見えないことに対する不安
  • 熱量だけで熱源がない、瞬間湯沸かし器のような状態
  • 実感を得られないことによる喪失感
  • 精神的疾患を抱えている、もしくは病気、体調不良など

自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因として最たるものは、無計画による不安です。

こちらに関しては、明確な目標とその達成計画を立てることで、初めて解決するものですので、無計画以外にも、曖昧な目標や、達成計画がない目標も含まれます。

分かりやすく例えるなら、「痩せたい」というだけの目標では、すぐに挫折できます。

これを「いつまでに」「なぜ」「どうやって」といったものを、どこまでも明確にしていかなければなります。

自己啓発を始める際の目的の重要性については、以下の記事も参考になります。

続いて自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因として多いものは、熱量だけで熱源がない状態です。

モチベーションの上下が激しい、といえば分かりやすいでしょうか。

分かりやすく例えるなら、薪をくべるのと一緒で、熱源をきちんと用意すれば、熱量は保たれます。

ほとんどの方が、熱量をどうにかしようとするだけで、熱源を確保しようとすることをしません。

モチベーションの上下が激しく悩んでいる人の場合、以下の記事も参考になります。

続いて、自己啓発を行っても、疲れて辞めてしまう人の原因として多いものは、実感を得られないことによる喪失感です。

自己啓発は、きちんとしたものを正しく取り入れないと、成果も成長も得られることなく終わってしまいます。

そのため、きちんとした自己啓発では、担当者やインストラクターといった存在が、必ずフォローにつくようになっています。

分かりやすく例えるなら、有名進学塾には必ず講師がいるのと同じです。

自己啓発プログラムとは、ただ名言を集めたようなものとは違い、ロジックとセオリーに基づき、人間工学などを応用して、きちんと考えられて作成されているものです。

自己啓発プログラムの有用性については、以下の記事も参考になります。

最後に自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因としてあるものは、精神的疾患や、病気や体調不良を抱えているケースです。

自己啓発は、精神的疾患や病気を治すためのものではありません。

そして、筋トレでもダイエットでも、体調が優れない時は無理して行わずに、休息を取りますよね。

自己啓発も他のものと変わりませんので、病気なら病院へ、体調不良なら休息を取り、万全な時に行うようにしましょう。

続いて、自己啓発を疲れて辞めてしまわないように、継続するために必要な改善法について、詳しく解説していきます。

自己啓発で疲れないよう、継続するために必要な改善法

ポーズを取っている女性

自己啓発を疲れて辞めてしまわないように、継続するために必要な改善法は以下のようなものがあります。

  • 目標と計画をきちんと正しく管理、修正してくれるサポートがある環境を選ぶ
  • 目標をきちんと個々人に合った形で刻んでくれるサポートをしてくれる環境を選ぶ
  • 抽象的なものではなく、具体的な成果や成長を得ることが出来る自己啓発を選ぶ
  • 自己啓発は万能薬でも精神安定剤でもないので、体調やメンタルに問題があるなら病院へ

自己啓発を疲れて辞めてしまう人のほとんどは、自分に合っていないか、分かっていないのに独学で何とかしようとしているか、そもそも選ぶものを間違っているか、自己啓発の効果を勘違いしているかのどれかです。

自己啓発とは何をすることなのか詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になります。

自己啓発で成長や成果を望みたいのであれば、きちんとした正しいもので、歴史と権威と実績があるもので、きちんとフォロー体制がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。

歴史とは数年ではなく、少なくとも20年以上は歴史があるものを、選ぶようにして下さい。

そうすれば、失敗や後悔する確率を、格段に下げることが出来ます。

自己啓発を正しく行って成果へと繋げるために

笑顔の女性

自己啓発を疲れて辞めてしまう人の特徴や、改善点についてまとめてみました。

自己啓発を疲れて辞めてしまう状況を分かりやすく例えるなら、日常生活で無理な姿勢を続けている、などと同じです。

無理な姿勢は、身体にも精神的も負担を掛け、辛く、辞めたくなりますよね。

自己啓発も、疲れて辞めてしまう人のほとんどは、あれこれと色々な点が間違っているのです。

それを正しく指摘して、修正してくれる環境にあれば、自己啓発に疲れてしまうような事態に陥ることはありません。

自己啓発を正しく行って、疲れて辞めてしまう前に、きちんと成果や成長へと繋げていきましょう。

まとめ
  • 自己啓発に疲れてしまう人の特徴は、ほとんどが勘違いと解釈違い
  • 自己啓発を疲れて辞めてしまう人の原因は、ほとんどは何が不足しているのか不明なこと
  • 自己啓発で成果や成長へと繋げるなら、きちんと歴史と実績、フォローがある環境を選ぼう