自己啓発の必要性をやたらと主張する人からは離れた方が良い理由

注意する女性

ちなみにこの記事は、自己啓発業界に20年従事している専門家が書いています。

何で自己啓発の専門家がこのような表現をするのか疑問に思われるかもしれませんが、この記事ではその理由と原因について、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発は必要性を感じる人だけがやれば良い

正解のプレートを持つ女性

きちんとした自己啓発は良いものです、と前置きをした上でですが、それでも自己啓発は誰かに言われて行うものではありません。

分かりやすく例えるなら、筋トレやダイエットを行ったり、勉強したり、サプリを摂ることと同じです。

どれも強制されるものではなく、自分のやりたい範囲で、必要に応じて行えば良いものですよね。

これらのことを、自分が取り組んでいるからと言って、毎回会う度にお薦めしてきたり、強制したりする人について、どのように感じるかをイメージしても、きっと好印象ではないでしょう。

なぜこの記事でこのような内容を書いているかというと、実は皆さんが上記に書いたようなことを、無意識に行っているからです。

えっ!?強制もお薦めもしてませんよ?

と思われますか?でも、実は無意識で行っている人が多いんです。

誰にでしょうか?それは、「自分自身」にです。

世の中で流行っているから、誰かがやっているからといって、必要性を理解せずにダイエットや筋トレを自分も取り入れてみても、そのほとんどが三日坊主で終わることは周知の事実です。

自己啓発で体力作りに筋トレや運動を行う事による効果について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考になります。

自己啓発もこれと同じで、世の中で流行っているから、誰かがやっているからといって、取り入れてみるのは辞めましょう。

なぜこのようなことを主張しているかというと、自己啓発の必要性を理解することで、情報の取捨選択を行うよになって、必要なものを選択できるようになり、不要なものに手を出すことがなくなるからです。

自己啓発と括られているものの中には、たくさんの不要なものや考え方、書籍などが蔓延ってしまうようになりました。

これはひとえに、自己啓発を広めることに従事してきた世界中の人達の、地道で建設的な努力の賜物ですが、その影で市場が広がり、大衆の興味が湧けば、そこにたくさん人や企業が流れてきます。

自己啓発の業界に20年従事している専門家として、皆さんが必要性を感じて自己啓発に興味を持っても、変なものに騙されてしまわないように注意喚起できればと思って、この記事を書くことに決めました。

世間でよく言われる、自己啓発が役に立たない原因については、下記の記事で詳しく解説しています。

続いては、自己啓発が必要な人について、詳しく解説していきます。

自己啓発が必要な人

自己啓発が必要な人は以下の通りです。

  • 現在の自分の考え方を変えたい
  • 自分の思考の枠をもっと広げたい
  • 上手くいっている人の考え方をトレースしたい
  • 統計から上手くいく人の考え方の基準がどこにあるかを知りたい
  • 対人関係において、仕事やプライベートを円滑で充実したものにしたい

これらのような必要性を感じている方にとっては、きちんとした正しい自己啓発を取り入れれば、とても役に立ち、成果や成長を感じることもでき、満足されるでしょう。

自己啓発が不要な人

逆に自己啓発が不要な人は、以下の通りです。

  • 今のままで良い
  • 自分の考え方に、人の考え方を混ぜたくない
  • 自分の成功の道も統計も、全部自分で採って選択し、一から組み立てる

上記のように、自己啓発の必要性を全く感じていない人が、自己啓発を行っても意味はありません。

これはなかなか疑問に思われるかもしれませんが、私がこれまでに実際にお会いした人の中に、このような自己啓発が不要な人が、一生懸命に自己啓発を学ぼうとされていらっしゃったのです。

人間は炭水化物や水分を摂らないと、生きていくことが出来ませんが、自己啓発は学ばなくても生きていくことも成功することも出来ますので、自己啓発の必要性を感じた人だけが、学ぶようにしましょう。

そうすれば、自己啓発を学んでも意味がなかった、自己啓発しても時間の無駄だった、ということにもなりません。

ネットに書いてある内容に信憑性が在るのかどうかを見極める方法を知りたい方は、以下の記事も参考になります。

実は、ネットなどでもよく言われている「自己啓発は無駄」という意見のほとんどは、中身がない自己啓発っぽいものに騙されてしまったか、自分に自己啓発の必要性を感じていないのに、流されて取り組んでしまったパターンのどちらかなのです。

自分に自己啓発が必要がどうかを判断して、正しく活用しよう

ガッツポーズをする女性

今の自分に自己啓発は必要ですか?それとも不要ですか?

この基準をしっかりと持つことで、自己啓発を有意義なものにも、無駄なものにも変えることが出来ます。

もちろん悪質な自己啓発や、中身の無い自己啓発もありますので、これらにも注意しないといけませんが、自己啓発が必要か不要かの基準を持つだけでも、情報の取捨選択は正しく行えるようになります。

これは分かりやすく例えるなら、よく知らないサービスや、家電製品などを新調したりする場合、自分が何を求めているのかを明確にした上で、それぞれの製品毎の特徴や内容を精査して、どれにするかを慎重に決めることと同じなのです。

自己啓発に関する批判と翔さんの関係について正しく学びたい方は、以下の記事も参考になります。

自分の人生で、何が必要で何が不要なのかをしっかりと見極めて、正しく活用するようにしましょう。

まとめ
  • 自己啓発は必要性を感じる人だけがやれば良い
  • 自己啓発が必要な人に該当するなら、情報の取捨選択を行おう
  • 自己啓発が不要な人に該当するなら、無理に取り入れず我が道を進もう