自己啓発が役に立たない原因とその理由について順序立てて解説します

時間の無駄

自己啓発は役に立たない、という世論は非常に多くあります。

こちらに関しては、私もほぼ同意見です。

ただ少しだけ補足させて頂くのであれば「世の中に溢れ返っている自己啓発のほとんどは役に立たない」です。

この記事では、20年自己啓発の業界に従事している専門家が、自己啓発黎明期から現代に至るまで、時代の流れとなぜ役に立たない自己啓発が増えたのかと、正しい自己啓発の選び方に至るまでを、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

なぜ世の中では自己啓発が役に立たないとされるのか

不安な女性

なぜ世の中で自己啓発が役に立たないとされているのかに関しては、とてもシンプルにまとめることができます。

その原因は、市場規模が広く、需要があり、新規参入者が増え、情報が氾濫した結果、表現は悪くて申し訳ありませんが、価値の無いもので溢れ返っているからです。

市場規模が広い

こちらはもう、語るまでもない事実でしょう。

書店では自己啓発の棚がとても面積が広く用意されており、ネットでは自己啓発の記事で溢れ、さまざまな自己啓発セミナーが開催されています。

私は自己啓発の業界に20年従事しているのでお話できるのですが、20年前にも自己啓発書として、世界的に著名な書籍で、私達リアライズでも取り扱っている、ナポレオン・ヒル・プログラムを簡易化した「思考は現実化する」や、こちらも私達で取り扱っているプログラムの一つである、デールーカーネギーの「道は開ける」「人を動かす」、その他であればスティーブン・コヴィーの「7つの習慣」などは存在していました。

しかし、20年前の書店には自己啓発の棚など存在しませんでした。

それでは、「思考は現実化する」や「7つの習慣」などの書籍は、当時どこに置かれていたかご存知ですか?

これらの書籍は、宗教の棚に置かれていたのです。

しかし、古くから従事している自己啓発業界の、さまざまな方の地道で建設的な努力により、現在ではこれほどまでに市場規模が広がりました。

需要が高まる

市場規模が広がれば広がるほど、長い物には巻かれろの諺通りに、需要が高まります。

私達リアライズも、自己啓発が市場規模を広げる段階から参入していたので、この需要が高まった際には恩恵を受け、たくさんの企業との契約も増えました。

この時期にご契約頂いたクライアントの方が、今でも契約をご継続頂いているので、よくお話に上がるのは

あの時期でお付き合いできて良かったです。

という、感謝の言葉です。

こちらに関しては後述します。

結果、新規参入者が増えた

需要が高まるということは、そこにチャンスがあるということですので、流行と同じで沢山の人が流れ込んできます。

現代で言うなら、転売需要が高まり、メルカリなどのフリマアプリで転売ヤーと呼ばれる人たちが横行したり、コロナ禍で言うならマスクの需要が増えたり、感染症対策の拡大によって、アクリル板や消毒液などの噴霧器なども増えましたよね。

すると、そこに従来の企業とは別の、新規参入者がどんどん増えてきます。

認知の上昇と引き換えに情報の氾濫が始まる

新規参入者が増え、世間的な認知が上昇すると、今度は情報の氾濫が始まります。

分かりやすく例えるなら、世の中には健康に興味がある人が多いので、毎年「健康には〇〇が良い!」と新たな情報が流れ、沢山の人がその情報を鵜呑みにして流されます。

大衆は新しい情報に敏感になるので、そうなるとこちらは私の造語ですが「逆張り理論」が横行します。

例えば「挨拶しよう!」が当たり前の世の中なら、今度は「挨拶しない方が良い!」と言い出す人が出てくる理論です。

価値のないもので溢れ返る

結果的に、上記で例として挙げたような「挨拶しない方が良い!」などの謎理論がたくさん出てくるようになるので、価値の無いもので溢れ返るようになるのです。

世の中で自己啓発が役に立たないと言われているのは、このようにして溢れ返った謎理論に対してです。

これは私個人の意見ですが、もちろん謎理論を提唱する人にも問題がありますが、自分が上手くいかない原因を外的要因へと責任転嫁して、結果新しい情報なら何でも信じて取り入れようとする、大衆にも問題があります。

正しいものはきちんと長く残りますので、目新しいものに目移りせずに、長い物には巻かれろの精神の方がリスクは低く、事故も起きません。

分かりやすく例えるなら、全世界発行部数8000万部の著者に対して、20万部の著者が何を言おうと説得力に欠けるのと同じです。

これは実際にあった話なのですが、自著が20万部売れている人がいらっしゃったのですが

ああ、ナポレオン・ヒルね。あんなん中身ないし、大したことないよね

と酷評されていましたが、その2年後にはその方の姿を現実でもネットでも、お見かけすることはなくなりました。

正しくは「役に立つ自己啓発は極一部しかない」

合致するピース

ここまでを簡単にまとめますと、自己啓発が役に立たないのではなく、役に立たない自己啓発が溢れ返っている、というのが正しい表現です。

つまり、大衆が行わなければならないことは、正しい情報の取捨選択です。

何を選ぶのかは個人の自由ですが、役に立つきちんとしたものを選ぶようにしましょう。

自己啓発が無駄に終わる人の特徴について知りたい方は、以下の記事も参考になります。

私達リアライズにも、日々たくさんの方が相談に訪れます。

その際にもたくさんの失敗談をお持ちの方がいらっしゃるのですが、皆さんに共通していることは「甘い言葉に騙されること」と「目新しいものに興味を惹かれてしまう」ことです。

これは自己啓発に限らず他のことでも、同じではないでしょうか。

例えば詐欺でも同じですよね。

騙されてしまう人のほとんどが、「甘い言葉」と「目新しいもの」に釣られてしまうのです。

歴史と権威、そして実績があり、きちんと成果が出ている人が確認できるものを選ぶようすれば、役に立たない自己啓発を避け、役に立つ自己啓発を選択できるようになります。

先述のクライアントの方が「あの時期にお付き合いできて良かったです」という感謝の言葉も、これだけ情報が溢れ返った現代では、正しい取捨選択に悩むことになったであろう、という危惧からです。

次に、役に立つのか役に立たないのかの基準となる残酷な事実について、詳しく解説していきます。

役に立たないのは自己啓発ではなく…

ハッとする女性

世の中には、役に立たない自己啓発の方が多く、その情報で溢れ返っています。

しかし、その情報を正しく取捨選択しても、次のステップが待ち構えています。

それは、役に立つ自己啓発を選択しても「自己啓発が役に立たなかった」とする人です。

こちらについても、実にシンプルに解説することが出来ます。

役に立たない自己啓発を避けることが出来ても、役に立つ自己啓発を自分自身が活かすことができなければ、結果は同じになってしまいます。

分かりやすく例えるなら、数学の公式を理解しても、問題を解いて正解できるようにならなければ意味がないということです。

設問に対して、役に立たない誤った公式を使えば、不正解になるのは当然です。

しかし、設問に対して役に立つ正しい公式を使っても、使い方を間違えれば、同様に不正解になる、ということです。

自己啓発に対して否定的な意見がある事自体は、物事全てに賛否両論があるように自然なことなのですが、その意見の信憑性と見極め方を知りたい方は、以下の記事も参考になります。

世の中には自己啓発が役に立たないという人は非常に多いものですが、実は役に立つ自己啓発を用いても役に立てることが出来ない人も多くいます。

つまり、役に立たないのは自己啓発の他にも、自分自身が役に立てられていないケースがあるのです。

自己啓発を役に立てて自分を変える、成果を出すなら

くつろぐ家族

役に立たない自己啓発を避け、役に立つ自己啓発を選択できるようになり、それを活かすことができないと、全て同じ結末になってしまいます。

自己啓発を行っても病んでしまう人の特徴について知りたい方は、以下の記事も参考になります。

自己啓発を取り組んでも、無駄に終わる人と成果へ繋がる人の差を知りたい方は、以下の記事も参考になります。

自己啓発を役に立てられるようになるためにも、自分のベクトルがズレていたり、解釈が間違っている場合には、正しく修正してくれる人が、常にサポートしてくれる状態を維持できる環境を選ぶべきです。

実際に私達リアライズでは、自己啓発プログラムを購入したユーザーの方には、必ず担当者が二名付き、追加費用一切なしの永久無償フォローにて、毎日インストラクターとやり取りができるスキームを用意しています。

これは、実際に20年間続けてきた中で、これくらいはしないと、成果へと結びつけるのは困難だからと判断しているからです。

自己啓発を行うことをお考えなら、正しい役に立つ自己啓発を選択し、常にサポートしてくれる環境があるかを確認しましょう。

まとめ
  • 自己啓発が役に立たない原因は、世の中の需要に合わせて価値のないものが溢れたから
  • 役に立つ自己啓発を選択しても、自分がきちんと活かせないと意味がない
  • 自己啓発を役に立てないなら、きちんとフォローサポートがある環境を選ぼう