自己啓発本が嫌いになる理由と、改善のポイントを専門家が解説します

本にもたれかかる女性

ネットで散見されるものですと

  • 読んでも意味がない
  • 内容が薄い
  • 自分次第
  • 当たり前のことしか書いてない
  • バックエンドがあるんでしょ
  • 万人共通ではない
  • 自己暗示でしょ
  • 無駄にテンション高い

上記のような内容が多いようですが、自己啓発に興味を持ってその本を手に取り、お金を払ってでも読んでみようと思ったきっかけは

自己啓発本を読んでみようと思ったきっかけ

・今の自分を変えたい

・問題や壁に直面しているので、解決、改善のヒントやアイデアが欲しい

・成果を出すために必要な学びを得たい

という純粋な想いがあって、自己啓発本の購入へと踏み切ったはずです。

ところが、実際に購入した本を読んでみた結果、なぜ自己啓発本を嫌いになってしまったのかを、自己啓発の専門家が一つ一つ紐解いて解説していきます。

そして、この記事を読んでいるということは、まだご自身のその純粋な想いまでは嫌いになってはいない、純粋な想いは捨ててはいない、ということでもあります。

歯車が正しく揃い、規則性を持って正しく動けば、きちんと成果にも繋がりますので、その純粋な想いはこれからも持ち続けて下さい。

この記事では、自己啓発本を好きになるためのポイントと改善点について、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

自己啓発で読書を検討している人には、以下の記事が参考になります。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発本なのに甘い言葉で飾られているものには注意が必要

注意している女性

まず最初に結論から申し上げますと、自己啓発本を読んで嫌いになっている人は

自己啓発が嫌い

なのではなく

購入した自己啓発本を読んで実践したが、全然成果に繋がらなかった、もしくは何をしたら良いのか分からないので嫌いになった

というのが正しい表現になります。

そもそも自己啓発本が嫌いなのであれば、嫌いなものを書店で手に取って、わざわざお金を払ってまで購入して、読むことはしないはずです。

自己啓発で本を読むのはためになるのか知りたい方に関しては、以下の記事も参考になります。

私達ナポレオン・ヒル財団でも、自己啓発の源流として1世紀に渡り存続し、「思考は現実化する」に至っては全世界で発行部数が8000万部を超えています。

書籍の「思考は現実化する」をさらに紐解いたプログラムや、世界中で著名な方のプログラムも、実績のある成功者たちのほとんどは活用しています。

しかし自己啓発は本当に意味がなかったとしたら、この著名人達や世界中で支持している人たち全員を否定することになってしまいます。

ですので、この記事の冒頭にある「読んでみようと思った純粋なきっかけ」があって、自己啓発本を手に取り読んでみたものの、いざ実践してみたら

なんか上手くいかないんだけど…

読んだけど、それで何したら良いの?

上記のような状態になった、それを何度繰り返してもうまくいかない、何冊読んでもそれで次はどうするの?具体的に何をしたら良いの?といった事態になったと予測されます。

このようになってしまった一番の原因は、自己啓発本の選び方に問題があることがほとんどです。

つまり、読まない方が良い自己啓発本を読んで嫌いになってしまった、ということです。

次に、自己啓発本の選び方の基準についても詳しくお話していきます。

読まない方が良い、自己啓発が嫌いになる自己啓発本とは?

自己啓発本を選ぶ時に、失敗しない一番シンプルな選び方の基準は

甘い言葉で飾られていないかどうか

この一点に尽きます。

なぜなら、きちんと中身がある書籍であれば、甘い言葉で飾らなくても自然と売れるからです。

今あなたの手元にある本を選ぶときに、手に取った基準は何でしょうか?

誰にでも「簡単に」できる?

「すぐ」に身につく?

「秘伝」の?

などなど、挙げていけばキリがありませんが、このような文言に「釣られて」しまっていませんか?

自己啓発は、日本では20年前頃が黎明期でしたので当時は「自己啓発?なにそれ?」状態でした。

いまでは信じられないかもしれませんが、当時の書店では自己啓発の棚などは存在するはずもなく、自己啓発に関する書籍は「宗教」の棚にひっそりと置かれていたのです。

ところが現在では日本でも広く浸透し、たくさんの企業も研修として取り入れ、私達もクライアント企業のマニュアルの作成や、新入社員研修などを全国で行っています。

そして現在では、書店でも自己啓発の棚があるのが当たり前なほどに、書籍もたくさん出版されています。

つまり、それだけ興味のある人が多く、ニーズのある分野なので、お金の匂いを嗅ぎつけた人がたくさん流入しているのも事実です。

そうなってくると次に始まるのは、自著が他に埋もれないよう、いかに書店に訪れた人の目を引くかが鍵になってきますので、自然と「甘い言葉」が羅列されるようになるのです。

お金の匂いを嗅ぎつけて書かれた本に中身はありませんので、甘い言葉に釣られないように注意しましょう。

次に、自己啓発の意味を正しく理解することで成果に繋げるポイントがありますので、詳しく解説していきます。

自己啓発の意味を正しく理解することが最優先

勉強している様子

こちらも最初に結論から申し上げますと、自己啓発本を購入して嫌いになっている方のほとんどが、自己啓発の意味を間違えてしまっています。

自己啓発とは、ノウハウ(知識)であってハウツー(やり方)ではありません。

「読んでも意味ない」という方のほとんどが、ハウツー(やり方)を求めてしまっています。

ここで言うノウハウ(知識)とは、自己を高めるために必要な知識であり、自己啓発的な表現ですと「在り方」というものになります。

とはいえ、先程のお金の匂いを嗅ぎつけて書かれたような書籍ですと、この記事の冒頭にあった感想のように、本の内容が適当だったり、あまりにも内容が薄い場合もあります。

例えば、これはもうずいぶん昔に実際に私が手に取った自己啓発本の内容なのですが、「目標を設定しよう!」とだけ、書いてありました。

確かに目標の設定は重要で、必須の事項です。

しかし、目標は「明確」でなければならず、かつ「達成できる目標設定」でないといけません。

目標設定にも、「達成できる目標設定」と「達成できない目標設定」というものが存在します。

でないと、目標を設定した人は全員達成できることになってしまいますよね。

目標を設定したのに達成できない!おかしい!こんなの意味ない!自己啓発本嫌い!

というのは、「達成できない目標設定」をしてしまっているのです。

怪しい自己啓発に足を踏み入れてしまうと、自己啓発事態を恐れるようにもなりかねませんので、そのような自体を防ぐためには、以下の記事が参考になります。

自己啓発の専門家として、自己啓発的なお話をするのであれば「何かを行うこと」ではなく、「しっかりと準備を整えること」が自己啓発です。

【啓発】無知の人を教え導き、その目をひらいて、物事を明らかにさせること。

Google

次に、実際に自己啓発本を読んで成果を求める人にとって、大事なポイントを解説していきます。

自分が求める自己啓発のレベルに見合った自己投資を行う

傾く天秤

こちらも結論から申し上げますが、書籍にはこの記事を読んでいる方が求めているような、明確な答えはありません。

これについては、書籍の存在意義について考えてみる必要があります。

書籍というものは自費出版か出版会社が出すものですが、どちらでももちろん営利目的で行うものですので、利益が出ない(出版しても意味がない)ものを出すことは会社にとって損失にしかなりません。

前者の自費出版の場合や、近年の電子書籍などの場合は、個人でも好きな内容でいつでも書くことが出来ますので、こういった場合は自分の好きな内容で書くことが出来ます。

どちらにしても、営利目的か自分のビジネスの広告・宣伝目的で書いているものが書籍です。

ですので、出版会社が事前にマーケティングリサーチを行い、世間が興味のある題材(ワード)を探してきて、本を書ける人に

こういった内容で本を書けませんか?

と依頼することで始まっていくことはご存知ですか?

「嘘でしょ」と思う方は、物は試しに書店に足を運んでみて下さい。

書籍に平積みされている新刊コーナーには、おおよそ同じ分野について書かれた本が所狭しと並んでいます。

なぜなら、出版会社に限らず書店も売れる本を店頭に置かないと、売れない本が溜まっていくばかりでただの倉庫になってしまうからです。

しかし、だからといって書籍が悪いと言っているわけではありません。

中身がきちんとしているものに限りますが、書籍は学ぶためのきっかけにはとても良いものです。

自己啓発本を読む事自体に疑問を感じている場合は、以下の記事が参考になります。

自己啓発本に求めている天秤は釣り合っていますか?

先程の目標設定のお話のように、「達成できる目標設定」をできるための、自分の在り方はどう形成するのか?について詳しく書かれている書籍があるのであればぜひ、購読するべきです。

しかし、そのような書籍は私の知る限りでは存在していません。

書籍の一般的な価格で言えば、1,000円前後です。

この金額に求める対価(成功度合い)を、とてつもなく膨大なもので求めていませんか?

1,000円であれば、1,000円前後の気付きが得られるだけでも、対価としては対等になります。

例えば、お腹を満たすためにファストフード店へ入って

安いし早いけど健康にならない!おかしい!

というのは、見当違いですよね。

毎日ファストフードの食事を続けていては、いずれ身体に蓄積したものが積もり、病気の原因にも繋がります。

栄養もバランスよく摂取しないと、お財布に安く済ませていたつもりが、結果的に膨大な入院費用を支払うことにも繋がりかねません。

とは言っても、自己啓発本を読んでも悪いものが積もることはないでしょ?とお思いかもしれませんが、それは「中身がきちんとしている」場合に限ります。

そうでないと、学びに関しても「間違った知識や考え方」と「たかが1,000円。されど1,000円」が積み重なって、成果に繋がらない型が合わない歯車と、塵が積もっていくように費用だけが増えていくのです。

自己啓発と自己投資の関係ついては、以下の記事が参考になります。

何より恐ろしいことは、ファストフードはまだ空腹が満たせていますが、学びに関しては「何の成果にも繋がっていない」、最悪の場合は「借金ばかり増えていく」などといったことにもなるのです。

話を戻しますが、求める対価以外にも、そこに自分が知りたい答えの全てを求めていませんか?

書籍というものが、自分のビジネスへ繋げるための広告や、宣伝のために使われる目的もあるわけですから、そこに全てを求めること自体が誤っているのです。

これは例えば、近所のスーパーのチラシに向かって

卵は特売だけど、それで釣ろうとしていて、来店ついでに他のものを買わせて利益を取ろうとしているんでしょう?

と疑ってかかっているようなものです。

必要なものがあれば、自分の求めている量と範囲に応じて、購入するかしないかを選択すれば良いだけなのです。

自分が求めている成果があるのであれば、それに見合った同等の自己投資を行うようにしましょう。

自己啓発を正しく行うことで、初めて成果に繋がる

喜ぶ女性

長くなってしまいましたが、自己啓発は正しく行うことで、初めて成果へと繋げることができるようになります。

なんとなく、それっぽく、自己流で、では、それと同等の結果を得るに終わってしまいます。

自己啓発が自分にとって必要か不要か見極めることが難しい人は、以下の記事が参考になります。

正しく自己啓発を行い、目標達成できるように頑張っていきましょう。

まとめ
  • 自分の純粋な想いを達成させるためにも、甘い言葉の本には釣られないようにしよう
  • 自己啓発の正しい意味を理解しよう
  • 自分が求める自己啓発の、天秤に見合った自己投資を行おう