自己啓発で本を読むのはアリ?ナシ?本の選び方と基準を詳しく解説

沢山の本

結論から申し上げますと、自己啓発で本を読むことは、とても素晴らしいことですのでアリです。

なぜ世の中で、自己啓発の本を読むことが意味ないと言われているのかについてと、その実際のところを誰も指摘していなかったので、この記事では、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、自己啓発の本を読む際に選び方と、その基準についてひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発で本を読むのはアリ

正解の札を持つ女性

この記事をお読みの方なら、自己啓発のために本を読むのはとても良いことです。

なぜ「この記事をお読みの方なら」と書いたかというと、自己啓発に関して深い知識がある方であれば、この記事を開くことはないからです。

  • 自己啓発ってどんなもの?
  • 自己啓発を学ぶと、何がどう変わるの?

上記のような興味を持って、この記事を開かれた方がほとんどでしょうから、好奇心を知識へと変えるには、書籍を読んで見ることは、とても良い経験になります。

自己啓発の一環で読書を始めようと検討している人は、以下の記事も参考になります。

自己啓発はとても奥が深いものですので、好奇心から書籍を手に取り、更に先へ進んでみたければ、学を深めるために色々と学んで見れば良いでしょう。

自己啓発本は読まなくて良い、の意見が全く参考にならない理由

自己啓発本を読まなくて良い、という意見もたくさんネットにありますが、その9割以上は無視して構いません。

なぜかというと、それを言っている人、書いている人は、その専門家ではないからです。

賛否両論に対して、その意見の価値の見極め方を知りたい方は、以下の記事も参考になります。

例え自己啓発の本を100冊~1000冊読もうが、ただの読者であって専門家ではありません。

しかも、人によっては「アポイントの取り方」のような本まで自己啓発の括りにしている人もいます。

分かりやすく例えるなら、どこの誰かも分からない、料理の道の素人があなたに向かって

ああ、パスタ?あんなの食べなくて良いよ

と言っているようなものだからです。

まず、あなたがパスタを好きかどうかも知らない状態で、かつパスタの専門家でもない人の意見を聞いて参考にする、なんてことはありませんよね。

もしその人が、パスタに関しての専門家で

・パスタですか?どのように調理するかによって◯◯を選んだり、△△にすると良いですよ
・あのパスタであれば、こちらのパスタにした方が日本人好みですのでお口にも合うかと

このような意見であれば、信頼もおけるし、従ってみる価値もありますよね。

続いて、自己啓発で本を読んで見る際に、選ぶ基準とその注意点について、詳しく解説していきます。

自己啓発で本を読む際に選ぶ基準と注意点

注意と書かれた付箋

まずは自己啓発で本を読んでみようとお考えの方が、これから書店で書籍を手に取る際に、選ぶ基準について解説していきます。

自己啓発で本を読むことについての選び方と基準については、以下の記事でも紹介していますので参考にしてみて下さい。

こちらは、自己啓発という言葉が世間で2つの意味で使用されているので、それぞれについて解説します。

・自己啓発「の」本を読む場合

・自己啓発「で」本を読む場合

これらは言葉の意味が変わりますので、以下の内容は、ご自身が望んでいらっしゃる方の番号を参考にして下さい。

①自己啓発の読みたい本を選ぶ場合

まず始めは自己啓発「の」本を読む場合です。

自己啓発「で」本を読みたい場合は、スクロールして②へお進み下さい。

自己啓発の本とはどのような本かというと、自己啓発自体について書かれている書籍です。

自己啓発とは、自分の内面の心構えや、考え方を構築し、行動を起こすための準備をする事を言います。

自己啓発の本を読む場合は、非常に多くの書籍が出ており、書店の棚を広く占領していますが、自己啓発の本を読む際に、選ぶ時の基準は2つだけです。

  • 歴史が少なくとも50年以上あるものか
  • スキル・ノウハウ・テクニックではなく、考え方について書かれているものか

自己啓発とは、近年盛んに目にするようになったかもしれませんが、その歴史は非常に古いのです。

私達リアライズも20年の実績がありますが、たくさんの著名な自己啓発業界の方々の地道で建設的な努力により、ここまで自己啓発というものの認知度が上がるようになりました。

それによって、様々な人が参入し、書店の棚を占領しているのですが、その多くは3年~5年もすれば、消えて失くなってしまうものです。

実際に私達リアライズもこの業界に20年従事していますが、これまでに多くの消えてきたものを目にしてきました。

分かりやすく例えるなら、食べ物で毎年健康に良いとされる食品が変わりゆくように、自己啓発の本として一時は話題になっても、3~5年もすれば忘れ去られて、影も形もなくなります。

そして、自己啓発の本のほとんどが、歴史ある著書の原液を薄めたりしたものばかりです。

それであれば、歴史ある書籍の原液を学ばれた方が、為になります。

諺でも、歴史の偉人の名言でも、良いものはきちんと納得と共感という、理由があって残り続けるからです。

②自己啓発で読みたい本を選ぶ場合

次に、自己啓発「で」本を読む場合です。

この場合は、特に気をつけなければならないことはないのですが、自己啓発の観点から言うと以下の2点に集約されます。

  • 自分の興味があるものを読むようにすること
  • 著者が、自分の参考にしたい人であるかどうか

せっかく自己啓発のために本を読むのであれば、継続できないと意味がなくなってしまいます。

そして、自己啓発のために本を読むのであれば、自分が憧れていたり、参考にしたい人の本を読む方が、継続性の他にも、新しいことを知ることにも、積極的に取り組むことができるようになります。

自己啓発で本を読まない方が良い人

不正解のジェスチャーをする女性

次に、自己啓発で本を読むことをお薦めしない人について、解説していきます。

こちらは自己啓発の本を読みたい人でも、自己啓発で本を読みたい人でも、共通する内容になります。

  • スキル・ノウハウ・テクニックについて学びたい
  • 専門分野の知識について学びたい

これらの場合には、その専門の書籍を読まないと、目的を果たすことは出来ません。

例えば、心理学を応用したテクニックを身につけたい、心理学の催眠誘導について学びたい、等の場合です、

これらは自己啓発の本を読んでも、問題の解決を図ることは難しいですので、その分野で歴史と権威、かつ実績がある書籍を読むようにしましょう。

自己啓発で本を読んで自分を向上させるなら

幸せそうなカップル

自己啓発の本を読むことも、自己啓発で本を読むことも、何も問題なく、とても素晴らしいことです。

この違いも分からずに「自己啓発本は読まない方が良い」と言っている記事や人は、申し訳ありませんが、あまりにも浅はかすぎます。

そして、それを真に受けてせっかく興味を持った自分を、足止めしてしまうことも、非常にもったいないことです。

自己啓発本を読み、学びと効果を得るためのポイントについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になります。

自分に必要な情報と不要な情報をきちんと取捨選択し、自己啓発の意味を正しく理解して、自分を向上させることに役立てていきましょう。

まとめ
  • 自己啓発で本を読むことは素晴らしいことなので、実践しよう
  • 自己啓発の本を読む際には、歴史があり、考え方について書かれた書籍を読もう
  • スキルやテクニック、専門分野の知識を身につけたい人は、自己啓発の本は読まない方が良い