自己啓発の批判と称賛される関係は、宗教で置き換えると分かりやすい

ライフスタイルと関係

このようなブログタイトルをつけると、自己啓発=宗教という、飛躍した思考が飛び交うようになるのですが、それでもやはり宗教に置き換えると、非常に分かりやすいという事実があります。

この記事では、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、自己啓発を肯定する人がいる中で、同じだけ批判する人もいる事実について、なぜこうなるのかを、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発の批判と称賛の関係

嘘と真実

まずは、自己啓発の批判と称賛の関係を正しく知る必要があります。

自己啓発に興味を持たれて調べてみた方は、あまりにもの批判の数に驚かれ「あれ?自己啓発ってもしかして関わっちゃいけないヤバいやつのかな?」と思われた方も多いことでしょう。

しかし、それと同時に、同等の数ほどの称賛の声があるのも事実です。

そして、世界的に著名な自己啓発の書籍においては、もはや売れ行きを示す発行部数に至っては、思考は現実化するなどは8000万部を超えていますので、まさに桁違いのレベルで売れており、ベストセラーと呼ばれる書籍が霞むほどです。

自己啓発本を読み、学びと効果を得るポイントについては、以下の記事も参考になります。

つまり、世界的に支持されていると同時に、世の中に存在するものすべてに批判の意見は必ず存在しますが、その批判の割合が異常に高いのが自己啓発というものです。

次に、この批判と称賛の関係について、とても類似している宗教と照らし合わせながら、具体的な部分も含めて詳しく解説していきます。

自己啓発の批判を宗教に置き換えると分かりやすいのはなぜ

悩んでいる女性

冒頭でも述べましたが、飛躍した思考の方が一定数現れるので、もう一度記載しておきますが、自己啓発=宗教ではありません。

しかし、批判と称賛の関係については、宗教に置き換えると非常に分かりやすいのですので、少しだけ脱線したお話にお付き合い下さい。

ちなみにですが、ビジネス書のダントツ世界一位は「思考は現実化する」ですが、世界で一番売れている書籍は何か、ご存知ですか?

世界一位は、皆さん名前は絶対に知っているあの書籍「聖書」で、推定50億部を超えていると言われています。

ちなみに二位はちょっとズルい「毛主席語録」(なぜズルいかというと、当時の中国全国民8億人に持たせることを義務化したからです。)で推定9億部、三位は「コーラン」というイスラム教の根本聖典で8億部と言われています。

なぜいきなり本の売れ行きの話をしたかというと、世界的には宗教は一般的であり、信仰率も高く、日常的であるからです。

しかし日本においては、第二次世界大戦後、色々な定説がありますが、どの諸説でも結果的には「宗教が日本には浸透しない国になった」と言われています。

ですので、世界では一般的でも、日本ではあまり一般的でない言葉に「カルト」というものがあります。

カルトとは、主に思想が偏っていたり、詐欺的なものや、マインドコントロールなどの洗脳を行うような、悪質極まりない団体や集団のことを表現しています。

ここまで来るとやっと本題に戻れるのですが、自己啓発と宗教の類似性についてです。

宗教も、一般的な歴史と権威があるものに関しては、皆さんの中でも特段偏見などはないですよね。

例えば、仏教に入っているからヤバい、キリスト教だから付き合うな、なんてことにはなりませんよね。

しかし、宗教の中でも先程表現したカルトのような、実際に会話ができないレベルで言葉も通じなかったり、完全に洗脳されていたり、詐欺行為や犯罪行為を平気で犯しているような、危険な集団もいるのです。

自己啓発もこれと同様で、一般的に歴史と権威があるものに関しては、特段問題などは起きていないのですが、一部の金銭目的や過激な思想で洗脳を行っているような集団が、自己啓発のガワを被って悪さをしているので、批判が絶えない状況になっています。

自己啓発の批判は、海外で宗教のカルトを批判しているのと同じ

納得する女性

自己啓発の批判というものは、海外の宗教のジャンルで、カルトの話をしているようなものです。

自己啓発の中でも自己啓発のガワを被っただけで、お金を稼ぐことが目的の、中身がない詐欺のようなものから、洗脳を行うためのツールとして、自己啓発を用いているような危険なカルト集団がいるのです。

自己啓発の代表的な印象でもある、自己啓発セミナーで洗脳されたりしないように、身を守る方法を知りたい方は、以下の記事も参考になります。

しかし、世間の被害者やその周りの人たちは、自分の身の回りの人をおかしくした元凶は、自己啓発ではなくただのカルトである、という真実に気付くことはありません。

なぜなら、自分の身の回りの友人や家族が、自己啓発なるものに嵌まって、おかしくなった。=自己啓発はおかしい、と自己啓発に否定的な意見を持つに留まるからです。

その先にある、カルト集団が自己啓発のガワを被っていただけだったとしても、被害者の周りの人からしたら「自己啓発もヤバいものだ」と評価するのは、被害者感情としては致し方ないことです。

物事に賛否両論があることは自然なことですし、私自身は自己啓発に批判的な意見があることについて特段主張があるわけではありませんが、物事を正しく理解しておくことは必要だと感じています。

実際に私達が企業へコンサルに入る際でも、偏見とイメージだけでは、正しい道のりで正解へと辿り着くことができなくなるからです。

正しい自己啓発を選択し、批判の対象にならないために

ニコニコしている女性

よくある自己啓発の批判的な意見などについて、ブログ記事にまとめてみました。

正直、こういった内容は誰かと話すものでもないので、今回初めてこうして文字に起こしながら、考えた部分でもあります。

しかし、私が従事している20年間だけでも、自己啓発というものは世の中に浸透し、これだけ沢山の人が興味を持ち、学ぶ世界へと変わりました。

20年前は「自己啓発?なにそれ?宗教?」と言われ、勘違いされていたのを訂正していたのが、20年経った今では私の方から「宗教で考えると分かりやすいよ」と説明するまでに変わると考えると、何だかとても感慨深いものがあります。

自己啓発とは何をすることなのか詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になります。

どんなものでも良いものと悪いものは存在しますが、自己啓発の悪いものは、引っ掛かってしまうと自分自身の人生を壊してしまう恐れがあります。

そして何より、自分だけで済まずに周囲の人の人生をも、変えてしまう危険性も秘めているので、選択の際には気をつけるようにしましょう。

まとめ
  • 自己啓発の批判的な部分に関しては、そのほとんどは詐欺目的の集まりかカルト集団
  • 悪質なものや無価値なものに騙されないよう、きちんと歴史と権威、実績があるものを選ぼう
  • 正しい自己啓発を選択して、自分や周囲の人生を壊さないようにしよう