自己啓発が怖いと言わていれるのはなぜか、専門家が裏も表も全部暴露

恐怖に震える女性

自己啓発が怖いと言われている理由を結論から申し上げますと、それは一部で自己啓発のガワを被った、カルトな集団や、詐欺まがいの団体があるからです。

このような詐欺やカルト集団から身を守るためのノウハウを知りたい方には、以下の記事も参考になります。

カルトに関して詳しくは、後述します。

カルトとは、宗教によく用いられる言葉ですが、しかし、宗教全てがカルトではないですよね。

日本では信仰率が諸外国に比べて著しく低いので、カルトという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、カルトとは宗教の一部で、過激な思想や考え方を持った団体のことを指します。

実際に、仏教やキリスト教もカルトか?と言えば違いますよね。

そうでないと、ある宗派に属している方や、宗派でお墓を立てている人も、全員カルトになってしまいます。

自己啓発が怖い、宗教だ、洗脳なんでしょ?と言われる理由も、上記と同様です。

この記事では、自己啓発が怖いと言われている由縁と、実際にカルトな自己啓発に嵌まってしまった実例、自己啓発のガワを被ったカルトな集まりや、詐欺まがいの団体の見分け方などについて、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発が怖いと思われる原因

なぜ?と疑問の様子

自己啓発が怖いと言われる由縁は、冒頭にも記載した通りで、一部のカルトな集団や詐欺まがいの団体があるからです。

カルトとは、宗教に限らず絶対的な盲信をさせ、偽装した勧誘や、強制的な勧誘などにより信者を獲得し、マインドコントロールによってお金などを搾取したり、お金がない人には強制的に高単価で危険な仕事を斡旋したり、組織的な詐欺を行ったりする集団を指します。

このような集団には、自己啓発は最適のツールなのです。

分かりやすく例えるなら、一流料理人の手に包丁が渡れば、芸術の道具となりますが、犯罪者の手に包丁が渡れば、犯罪や殺人の道具に使われるのと同じです。

  • 自己啓発セミナーとか宗教でしょ?
  • 自己啓発って洗脳でしょ?
  • 自己啓発って詐欺でしょ?

これらのほぼ全ては、カルトな集団や詐欺まがいの団体が植え付けたイメージです。

そうなれば、友人や知人が騙されてしまい、洗脳されてしまったりした場合には、自然とその全容が分からない周囲の人からしたら、カルト集団や詐欺まがいの団体が入り口として使用している、自己啓発に対して怖い、洗脳だ、詐欺だ、といったイメージを持ってしまうのも、仕方がない話です。

続いて、自己啓発のガワを被ったカルトや、詐欺まがいの団体の見分け方について、解説していきます。

自己啓発のガワを被ったカルトの見分け方

虫眼鏡

皆さんが自己啓発が怖いと感じる元となった、自己啓発のガワを被ったカルトや、詐欺まがいの団体を見分ける方法はいくつかあります。

偽装した勧誘や、強制的な勧誘

何か関係のない理由で呼び出しておいて

実はね~…

と本題に入るようなものは、すべて自己啓発が怖いと感じる元となる、カルトや詐欺まがいの団体と思ってもらって問題ありません。

すごい感動するセミナーがあるから一緒に行こう!

世の中には、たしかに感動するセミナーなども存在します。

しかし、感動はしても、同伴させようとすることは、基本的にしませんよね。

分かりやすく例えるなら、映画で考えてみて下さい。

面白い映画や、感動する映画があったとして、その旨を伝えて、見ることをお薦めすることはあったとしても、「一緒に行こう!」はあまりありませんよね。

映画で自己啓発が行えるかどうかについては、以下の記事でも紹介しています。

つまり、このようなセミナーを誘ってくる場合も、ほぼほぼカルトや詐欺集団と思ってもらって良いです。

自分の過去を話し、過去を許し、参加者同士で共感するようなセミナーや合宿

これらの怪しいセミナーや合宿といったものは、自己啓発が怖いと思われている方に、一番イメージしやすいものかもしれませんが、先に申し上げておきますと、自己啓発でこんなことは行いません。

なぜなら、こんなことを行ったところで、自己啓発にはならないからです。

自己啓発の合宿の危険性について知りたい方は、以下の記事も参考になります。

自己啓発を謳ってこのようなことを行っているところは、ほぼカルトや詐欺集団と思ってもらって良いです。

もちろん自己啓発にもセミナーや合宿などは存在しますが、このような無意味なことは行いません。

声を枯らすまで大声で目標や決意表明を行うようなセミナー

こちらも同様に、世間やネットで自己啓発が怖いと言われる由縁となりそうなものですが、またまた先に申し上げますと、自己啓発ではこのような、精神論や根性論のようなことは行いません。

先程同様に、全く自己啓発にはならないからです。

自己啓発が気持ち悪いと言われる由縁と、悪質なものの見分け方については、以下の記事も参考になります。

このようなセミナーは、よく「ブレイクスルーセミナー」などと呼称されることがありますが、本当に著名なアンソニー・ロビンスさんなども同様の名称で行っていたりしますが、カルト集団や詐欺まがいの団体が行うブレイクスルーセミナーは、ただの人格否定、人格破壊のセミナーですので、全く異なるものです。

詐欺やカルトなどの怖い自己啓発か、正しい自己啓発なのかを見分ける方法

チェックリスト

ネットにあるような怖い自己啓発で、洗脳や宗教によりカルトや詐欺まがいの団体の餌食にならないために、簡単に見極める2つのポイントがあります。

見極めるポイント①歴史があるかどうか

怖い自己啓発か、正しい自己啓発かを見分ける簡単な方法は、歴史があるのかないのかですぐに見分けが付きます。

カルトや詐欺まがいの団体であれば、手を変え品を変えを繰り返さないといけないので、歴史がありません。

例えば、私達リアライズでも取り扱っている自己啓発プログラムは、すべて長い歴史があります。

私達リアライズ自身も、20年に及ぶこれまでの歴史があります。

先程例に挙げたアンソニー・ロビンスさんも、元を辿れば長い歴史があります。

自己啓発とは、最近できたものではなく、とても歴史が古いものです。

これまで長い年月をかけ、世間の認知度が高まっただけなのです。

見極めるポイント②露出しているかどうか

正しい自己啓発なのであれば、シークレットや紹介制、知り合いにだけ、などといったことは行いません。

先程も申し上げた通り、自己啓発とは歴史がとても古く、そして、これまで長い年月をかけて、自己啓発の業界に携わる、様々な方の地道で建設的な努力によって、ここまで認知度が上がったのです。

つまり、これまで頑張ってきてやっとここまで認知度が上がったのに、それをわざわざ、隠れてこっそり行うなどといったことはありません。

それであれば、普通に考えればネットでも露出しています。

つまり、ホームページなどでその団体なりの情報を公開しているはずです。

もし、それがないのであれば関わるべきではありません。

怖い自己啓発に嵌まってしまった実例

これからお話する内容は、実際に私達リアライズのプログラムユーザーの方が、私達と知り合う前に体験した実話です。

皆さんが想像している、怖い自己啓発に実際に騙されてしまった流れを、本人の許可を得て掲載しています。

最初は、大学時代に少しだけ仲が良かった友人から、久しぶりに連絡が来たのがきっかけでした。

少し会話をしたところ、会って話さないかと言われたので、元々友人でも会ったことから、特に何の疑いもなく快諾しました。

そして当日、会って話をしていると「セミナーに一緒に行かない?」と誘われました。

正直、面倒事はゴメンだな~と思っていましたが、断るに断りきれず、仕方なく付いていくことにしました。

そのセミナー会場には30人くらいが集まっていましたが、半分は連れてきた人と考えると、実際に参加した人は15人くらいだと思います。

そのセミナーを聞く前は、斜に構えていたのですが、セミナー講師の話が進むに連れて、気付けば話に陶酔し、言われるがままに、その集まりへ私も仲間として加わることになっていました。

当時私は、企業に正社員として勤めていたのですが、いま思えば何故支払ったのか疑問でしかありませんが、あれこれと言われるがままにお金を支払いました。

そして、気付けば貯金は底をつき、借金がかさみ、もう首が回らない状況になっていました。

すると「家賃も支払うの大変でしょ?仲間で集まってルームシェアしているから助け合わない?」と持ちかけられ、当時は借金返済で大変だったので、藁を掴む思いでその提案に乗りました。

すると、私と同じように借金で首が回らない人たちが、男女構わず一つの部屋にすし詰め状態で住んでいました。

やがて、ルームシェアをしながら仕事をしていると「もっと稼げる仕事を紹介できるから、そっちで働かない?」と話を持ちかけられました。

当時、同じように仲間になる人をSNSなどでも声掛けしたりしていましたが、簡単に集まるものでもなく、また仕事をしても給料の全ては借金返済と、この団体での色々な購入費用に充てているような状況だったので、稼げる仕事があるならそっちで仕事をしても良いかと思っていました。

「具体的に何をするの?」と聞くと「手っ取り早く稼げるのなら、風俗があるよ」と言われました。

今考えれば、すべてシナリオ通りだったのだろうと理解できますが、当時は何しろお金が無いですし、先にルームシェアしている人で女性の人は皆風俗で仕事をしている、という話を聞いていたので、「周りがやっているなら私もやっても良いか…」と、安易に承諾してしまいました。

男性は高額収入となる、除染作業の派遣などに行っていたようです。

今となれば、すべて自分たちで斡旋して、そこでも紹介料などをもらって、更に売上から中抜きもしていたのだろうな、と思います。

ルームシェアの部屋も、その団体の所有しているアパートだったので、家賃もすべて団体の収入源となり、すべてにおいて搾取されていたのだと思います。

私の場合は、結果的に風俗で働くことになり、その時のお客さんに相談した際、に目を覚ましてもらいました。

そして、団体にバレないようにこっそりと貯金をし、まずはルームシェアを抜け出すための引っ越し資金を貯め、そして引っ越しして抜け出すことが成功した後に、自己破産をして一からやり直すことが出来ました。

私と同じことにならないよう、誰かのきっかけになれば幸いです。

※補足しておきますが、風俗や除染作業に対する職業差別をしている訳ではありません。
しかし、悪質な斡旋業者や派遣業者などに言われるがまま従ってしまうと、本来得るべきお金まで搾取される可能性があるので気をつけて下さい、という注意喚起です。

そんなの引っ掛かる方がおかしいよ、と思われますか?

しかし、この実話の方も最初は斜に構えていたのです。

そして、そんなものに引っ掛かるわけがないような、身の回りの友人が引っかかっているケースがたくさんありますよね。

自己啓発が怖いと思われるような、自己啓発のガワを被った、カルトや詐欺まがいの団体というのは、気づかない内に相手を洗脳するプロです。

事前に怪しいものかどうかを見極めて、関わらないようにするのがベストなのですが、知らずに関わってしまった人は、いとも簡単に洗脳され、騙されてしまうのです。

友人が怪しい自己啓発に引っ掛かって怖いのですが、助ける術はありませんか?

自己啓発で怖い思いをして、カルト集団や詐欺まがいの団体に洗脳されてしまっている状態は、怪しい宗教に引っ掛かって洗脳されているのと同じ状況です。

正論で何を言っても、聞く耳を持たないので通用しませんが、関わりを絶たせればチャンスはあります。

彼らの行動を見ても分かるように、完全な囲い込みをするために、ルームシェアをさせたりしているからです。

関わりが絶てない場合は、先程の実例のように、すべてを失う直前まで行くか、すべてを失うまでは、正気を取り戻させるのは難しいです。

自己啓発で怖い思いをせず、正しい自己啓発を行うために

満足している女性

これから自分が自己啓発で怖い思いをしないためには、この記事で先程挙げた、見極める2つのポイントで判断することです。

自己啓発は、正しく使うことができれば成果を得ることが出来ますが、誤った使い方をしているところへ迷い込んでしまうと、すべてを失う可能性もあります。

自己啓発が無駄に終わる人と成果へ繋がる人の違いについては、以下の記事も参考になります。

自己啓発で怖い思いをしないためにも、正しい自己啓発を選択できるようになりましょう。

まとめ
  • 自己啓発のガワを被った、カルトや詐欺まがいの団体に気をつけよう
  • 自己啓発で怖い思いをしないために見分けるポイントは、歴史と露出の確認すること
  • 正しい自己啓発を行って、成果を得よう