自己啓発中毒に陥りやすい人の特徴と原因、改善点まで専門家が解説

アルコール中毒の女性

◯◯中毒という言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

自己啓発でも自己啓発中毒という言葉があります。

この記事では、一体どのような人が自己啓発中毒になってしまいやすいのか、またその特徴と原因、自己啓発中毒の人の改善点までを、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、ひとつひとつ詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

壁下政和

自己啓発中毒に陥りやすい人の特徴

チェックリスト

自己啓発を上手に活用して、自身の成長や成果へと繋げることはとても素晴らしいことですが、自己啓発中毒レベルまで依存し、結果何も得られていない、もしくはマイナスになって終わっているだけでは、せっかく自己啓発を取り組んでも、全くもって意味がありません。

基本的に自己啓発中毒に陥る人と、自己啓発中毒にさせようとする、悪質な自己啓発のガワを被った詐欺やカルト集団は、共依存の関係にあります。

自己啓発中毒に陥る人は、これから述べる特徴や原因から、解決ではなく、理解や認めてくれる相手を求めます。

そして悪質な自己啓発のガワを被った詐欺やカルト集団からしたら、頷いているだけでお金を絞り取ることができる、絶好のカモなのです。

悪質な自己啓発セミナーなどで洗脳されないために必要なノウハウを知りたい方は、以下の記事も参考になります。

これまで私が20年間、自己啓発の業界に従事してきた統計で、自己啓発中毒に陥りやすい人の特徴は以下になります。

  • 無目的・無目標
  • 周囲に相談できる相手や友人などが極度に少ない、いない
  • 承認欲求が異常に高く、自己承認欲求が異常に低い

無目的・無目標

自己啓発と上手に付き合うことが出来ず、中毒レベルまで嵌ってしまう人の特徴として、まず最初に挙げられるのが、無目的や無目標です。

自己啓発を行うことは、あくまで手段であって目的ではありません。

普通は目的や目標があり、それを達成させるための手段として自己啓発を取り入れるのですが、無目的や無目標の人は、自己啓発を行うこと自体が目的になってしまい、結果的に自己啓発中毒になってしまうのです。

自己啓発を取り組む際に、目的を持つことの重要性については、以下の記事も参考になります。

これは分かりやすく例えるなら、ノウハウコレクターと同じです。

学んでも行動に移すことなく、永遠に学びを続けているだけの人をこのように呼びますが、これと同じ状況になってしまっているのです。

周囲に相談できる相手や友人などが極度に少ない、いない

続いての自己啓発中毒に陥りやすい人の特徴は、周囲に相談できる相手や友人などが極度に少ない、もしくはいないことです。

この記事をお読みの方はほぼ成人されていらっしゃるはずですので、その前提でお話を進めますが、人は一人では生きていけません。

生きていく上で、どんな場面でも必ず対面の機会があるからです。

しかし、時代が進化するに連れて、腹を割って話せる友人関係というものは少なくなり、友人関係自体も希薄になりつつあります。

情報の発信をする場が極端に少ない人にとって、行動という形でアウトプットを行う自己啓発が、とても新鮮で懐かしい気持ちを覚え、居心地が良くなってしまうのです。

承認欲求が異常に高く、自己承認欲求が異常に低い

最後の自己啓発中毒に陥りやすい人の特徴は、承認欲求が異常に高く、自己承認欲求が異常に低いことです。

承認欲求とは、他人に認めてもらいたい欲求で、自己承認欲求とは、自分に自分を認めてもらいたい欲求です。

このように書くと「自己啓発とは自分を許すことか!」「自分を認める今の手法は合っているのか!」といろいろな解釈違いを起こしますので、正しい自己啓発を表すために、一言だけ加えます。

正しい自己啓発とは「成果を出した際に承認欲求は低く、自己承認欲求は高く在る」状態を維持することです。

自己啓発中毒に陥ってしまう原因

注意と書かれた付箋

ここから先は、自己啓発中毒に陥ってしまう原因について、解説していきます。

これまで私が20年間自己啓発の業界に従事してきた統計で、自己啓発中毒に陥ってしまう原因は以下になります。

  • 依存症
  • 外的要因に囚われ、内的要因に目を向けない
  • 情報精査を行わず、流されやすい

依存症

自己啓発中毒に陥りやすい一番の原因は、依存症です。

何かに依存しやすい人は冒頭で述べた通りですが、自己啓発というよりは、詐欺やカルト集団などが自己啓発を名乗って行っている、悪質なものに騙されてしまう傾向があります。

依存症の人は基本的に精神的に弱っている人ですので、自己啓発を行ったところで、依存症が治ったりすることはありません。

もしかしたら依存症なのかも?などと疑問や不安がある方は、自己啓発の相談ではなく、病院へ相談に行きましょう。

外的要因に囚われ、内的要因に目を向けない

次に自己啓発中毒に陥りやすい原因は、外的要因に囚われ、内的要因に目を向けないことです。

こちらは意外に思われるかもしれませんが、内的要因(原因が自分にある)に目を向ける方よりも、外的要因(自分以外に原因がある)に囚われている人の方が、悪質なものに嵌まり自己啓発中毒になりやすいです。

これは何故かというと、外的要因に囚われている人は、基本的に責任のすべてを自分以外の他のものへと向けます。

これは、自己啓発を騙った詐欺やカルト集団からしたら、絶好の獲物なのです。

責任のすべてを外的要因へと向ける、周囲から避けられるような存在の人は、日常から他人と関わりを持つ機会が極端に少ないので、自分の意見や主張に賛同してくれる人には、驚くほど心をあっさりと開き、無防備になるからです。

情報精査を行わず、流されやすい

最後に自己啓発中毒に陥りやすい原因は、情報精査を行わず、流されやすいことです。

基本的に相手の意見を信じて確認することをせず、鵜呑みにしてしまう時点でノーガードのYESマンのようなものです。

分かりやすく例えるなら、パソコンやスマホで、出てきたポップアップ全てをクリックしたり、受信した迷惑メール全てに、ご丁寧に返信して指示に従ったりはしないですよね。

「そんな馬鹿なことするはずないでしょ」と思われるかもしれませんが、情報精査を行わず、相手の意見を鵜呑みにし、流されるがまま指示に従うとは、こういうことなのです。

古くからインターネット上にある名言ですが「嘘を嘘と見抜けない人は、インターネットを使うべきでない」というものがあります。

フィッシング詐欺が無くならないのも、オレオレ詐欺が無くならないのも、自己啓発のガワを被った詐欺やカルト集団があなたを騙して自己啓発中毒にしようとするのも、すべてそれに引っ掛かる人がいるからに他なりません。

もちろん詐欺をする人間が一番問題で悪なのですが、引っ掛からないように気をつけることも同じくらいに重要です。

次に、自己啓発中毒に陥ってしまう人が、改善しないといけないポイントについて解説していきます。

自己啓発中毒の人が改善しないといけないポイント

重要と書かれたメモ

ここからは自己啓発中毒に陥る人が、改善しないといけないポイントについて解説していきます。

こちらはとてもシンプルですので、今すぐに誰でも出来ることです。

それは「常に自分一人で何かを決めず、必ず信頼できる相手に相談してから決める」ことです。

相手の情報を鵜呑みにしないこと、自分一人で決めないこと、信頼できる相手に相談すること、これだけでほとんどのトラブルを防ぐことができ、自己啓発中毒に陥ることはなくなります。

えっ…そんな小さい子供の躾みたいな状況になるんですか?

と言われてしまいそうですが、残念ながらそうなります。

依存とは自分でやめられない状態にあることを指しますが、中毒とは依存よりも酷い状態で、既に悪影響が出ている状態を指します。

これは中毒という言葉が他につくものを想定して貰えれば、理解してもらえるはずです。

ニコチン中毒、アルコール中毒、薬物中毒、カフェイン中毒など、自己啓発中毒と言われる程なのであれば、これらと同じで既に有害な状態になっているということです。

それであれば、自分ひとりでどうにかできる次元はとうに超えていますので、今すぐ他の人の助けを借りるか、病院へ相談に行きましょう。

自己啓発を正しく活用し、成長や成果へと繋げるために

ストレッチする女性

自己啓発はきちんと歴史と実績があるものを、フォローがある状態で正しく活用しないと、悪質なものに騙されて、人生を破滅させてしまうことにも繋がりかねません。

自己啓発中毒状態になった人に対しての改善法が、病院へ相談に行かせることは不親切に感じられるかもしれません。

しかし、何かに依存していたり、中毒化している人を素人がどうにかできるものではありませんし、ましてや自己啓発でどうにかなるものでもありません。

自分が今、どれだけまずい状態に置かれているのかをきちんと把握し、騙されてしまうのが嫌で不安な人は、必ず一人で何かをしようとせずに、相談相手がいる状態で相談して決めましょう。

それだけで、自己啓発中毒になる人もいなくなり、騙す相手がいなくなれば、自然と悪質な詐欺師やカルト集団もいなくなります。

まとめ
  • 自己啓発中毒に陥らないためには、交友関係を広く深く持つようにしよう
  • 自己啓発中毒に陥らないためには、依存せず、外的要因に全てを向けず、流されないこと
  • 自己啓発に依存していたり、中毒化している自覚があるなら、病院へ相談に行こう