自己啓発と能力開発の違いは?両方の特徴と違い、お勧めの人も解説

自己啓発と能力開発には、明確な違いがあるのですが、意外とどちらも同じようなものとしか捉えていない人は多いものです。

なぜなら、自己啓発と言いながら能力開発について触れていたり、能力開発が自己啓発の内容にすり替わっているものが非常に多いからです。

自己啓発が必要なのに能力開発に取り組んだり、その逆であっても、どちらのケースでも取り組んだ本人は「あれ?何か違う、これじゃない」となります。

・自己啓発してみたいけど能力開発と何が違うの?
・能力開発って具体的にどのようなものを指すの?

このような疑問をお持ちの人はたくさんいますので、この記事では

・自己啓発と能力開発の特徴
・自己啓発と能力開発の違い
・自己啓発と能力開発に取り組んだ方が良い人

これらについて、自己啓発の業界に20年従事している専門家が、一つ一つ解説していきます。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

自己啓発と能力開発の特徴

自己啓発と能力開発は、どちらも自分自身の成長や、内面であったり知識であったりの向上を目的とした取り組みですが、それぞれの用途や目的には違いがあります。

自己啓発や能力開発といったものが、どういう目的で具体的に何を学び、身に付けるのかを知ることで、自分に合ったものを選択することができるようになります。

まずは、自己啓発と能力開発のそれぞれの特徴と違いについて見ていきましょう。

自己啓発の特徴

自己啓発とは、自ら教えや導きなどを得て自分を見つめ直し、物事を明らかにするために心構えを構築、または形成することを指します。

なぜなら、何をするにも何を考えるにも、人間というものは心の向き様によって捉え方が異なるからです。

例えば、人生である問題が発生した時に、積極的な心構えの人と消極的な心構えの人では、問題の捉え方の時点で違いが生まれます。

それによって、導き出される解決策も結果も変わってきますよね。

積極的な心構えの人であれば、解決に前向きになりますが、消極的心構えの人であれば、問題に向き合うことなく、諦めてしまったり意気消沈してしまいます。

つまり、消極的な人が自己啓発に取り組むことによって、自分自身をより深く理解し、そして精神的にも感情的にも、最終的に人格的な成長を促す効果があります。

自己啓発に取り組む人の目的は、自己認識の向上であったり、人生における目的や願望の明確化、人生の幸福の追究、または自己肯定感の強化などが挙げられます。

自己啓発はあなたの「人として」の部分を追求していくものですので、人生全般に役立てることができます。

自己啓発の取り組みとして、世間にも広く知られているものとしては

・自己啓発書や哲学書などの読書
・精神的な平穏や集中力を高めるための瞑想
・専門家の助けを借り、達成のサポートを受けるコーチング
・書き出すことで感情を知るジャーナリング

これらのものが人気であり、よく活用されています。

能力開発の特徴

能力開発とは、特定のスキルや知識の獲得、またそのブラッシュアップやキャリアアップに励むことを指します。

なぜなら、職業的な専門能力や、技術職などの特別なスキルの向上、専門知識の習得によって、実践で活かすことで従来以上の成果の獲得を目的としているからです。

例えば、技術職の人が新しい知識を手にしたことで効率化を測ったり、専門能力を磨いたことで生産性をアップさせることは、自身の給与や組織にも貢献できます。

スキルやテクニックを習得している場合と、そうでない場合において、結果的に出来上がるものの品質や数に、明確な違いを生み出すことができるようになります。

こうして、能力開発に取り組んだ人と、そうでない人との間には、給与や昇進の差が生まれたり、今後の人生における転職などの際にも有利不利が生じます。

つまり、能力開発に取り組む人の目的は、自己啓発よりもより具体的で、かつ測定可能な成果を追求していくプロセスとして好まれています。

能力開発の取り組みとして、世間にも広く知られているものとしては

・技術や知識を習得するための講座やプログラム
・実際の業務を通じてスキルを磨く職場での実践訓練
・プラットフォームを利用したオンライン学習
・知識や技術を証明するための資格取得

こうしたものが著名であり、多くの人が利用しています。

自己啓発と能力開発の違い

自己啓発と能力開発はどちらも重要であり、個人の成長には欠かせない要素ですが、特徴同様に違いも知っておくと、選択の際により適したものを選ぶことができます。

なぜなら、自分がその時求めているものを理解できていれば、自己啓発も能力開発もバランスよく取り入れることで、総合的な自己成長を実現させられるからです。

そのためには、これから挙げる三つの主な違いについて、知っておくようにしておきましょう。

1,目的の違い

自己啓発と能力開発の一つ目の違いは、目的の違いです。なぜなら、自己啓発は心の成長を図るものであり、能力開発は脳の成長を図るものだからです。

自己啓発の目的は、精神的であったり、感情的、または人格的な成長を目的として取り組むものです。

一方で、能力開発の目的は、具体的なスキルや知識の向上を目的として取り組んでいます。

つまり、どちらにも学ぶ工程はあり、そして実践も必要になるのですが、それぞれの鍛えている部分が変わるということです。

ですので、心構えを構築したいのであれば自己啓発に取り組み、スキルや知識を得たいのであれば、能力開発を選ぶようにすると良いでしょう。

2,アプローチの違い

自己啓発と能力開発の二つ目の違いは、それぞれのアプローチの違いです。なぜなら、自己啓発は内面、能力開発は外面の向上を図るものだからです。

自己啓発のアプローチは、外部の教えや導きを活用することはあっても、そのフォーカスは自分自身の心構えであったり、自分の理解度を深めることにあります。

一方で、能力開発のアプローチは、外面の教育や訓練を通じて、具体的なスキルや能力を向上させることが中心となります。

このアプローチの違いが、最初はどちらも外部から教育や教え、導きといったものを取り入れるので、同じように勘違いされてしまう原因でもあります。

3,成果の測定

自己啓発と能力開発の三つ目の違いは、成果の測定の違いです。なぜなら、自己啓発は形ではなく感じるもので、能力開発は形として残りやすいものだからです。

自己啓発の成果の測定は、主観以外に客観的な評価や感想などもありますが、数値化などは難しいので、より感覚に近いものになります。

一方で、能力開発の成果の測定は、資格取得による資格手当の追加や、昇給や昇進などの形として残り、数値化もしやすいものになっています。

これら三つの違いを知り、そして現在の自分が何を求めているのかを明確にすることで、現在どちらを取り組むのがベストか選択できるようになるでしょう。

重要なポイントは、自己啓発も能力開発もどちらも重要であり、取り組むべき事項であるということです。

それでは続いて、自己啓発と能力開発のそれぞれに取り組んだ方が良い人の特徴について、一つ一つ解説していきます。

自己啓発と能力開発に取り組んだ方が良い人

自己啓発は個人の内面的な成長を促進し、能力開発は個人の職業的な成功や、専門性の向上を促進させることができます。

ここからは、自己啓発と能力開発の違いによる視点ではなく、取り組む本人の特徴から、どちらが向いているかについて見ていきましょう。

まずは、自己啓発に取り組んだ方が良い人の特徴について、一つ一つ解説していきます。

1,自己理解を深めたい人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の一つ目の特徴は、自己理解を深めたい人です。

なぜなら、自分をより深く理解して、自分の価値観や人生の願望を明確にしたい人にとっては、何を求め、どう生きたいかを知ることができるからです。

ですので、願望や目標が定まらないといった悩みを抱えている場合には、自己啓発は最適となります。

2,モチベーションが低下している人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の二つ目の特徴は、モチベーションが低下している人です。

なぜなら、自己啓発を通じて心構えを変えることで、新たなエネルギーと意志を発見し、やる気や情熱を取り戻させるだけの、支えとなる力の源になれるからです。

日常生活でやる気が出ない人や、先延ばし癖といった悪癖を持っている人の場合には、自己啓発は効果てきめんとなります。

3,ストレスや不安を抱えている人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の三つ目の特徴は、ストレスや不安を抱えている人です。

なぜなら、自己啓発の多くは、取り組むことによって精神的な安定を取り戻し、心を積極的に穏やかに保つことで、ストレスを軽減させることができるからです。

現代社会では、多くの人がストレスや不安を抱えており、その原因は仕事に限らず人間関係にある人も多いことから、相談相手がいない人にとっては良い手段です。

4,自己肯定感が低い人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の四つ目の特徴は、自己肯定感が低い人です。

なぜなら、自己啓発に取り組むことで、何かに前向きに挑戦して達成することは、自分の自信の形成にも役立ち、自己評価を上げることにも繋がるからです。

自分に自信がない、これまで何をやっても未達成で終わってしまった人にとっては、自己啓発は自分を変えるための第一歩ともなります。

5,人間関係に悩んでいる人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の五つ目の特徴は、人間関係に悩んでいる人です。

なぜなら、自己啓発を通じて相手に共感したり、自己主張ができるように変わることで、より良い人間関係を築くための足掛かりとなるからです。

会話がうまくできない、相談ができるレベルの人間関係の構築ができずに悩んでいる人には、自己啓発を通じて自分の人格を磨くことは至上命題となります。

6,新たな挑戦をしたい人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の六つ目の特徴は、新たな挑戦をしたい人です。

なぜなら、自己啓発に取り組むことで、自己探求に励み、自分の可能性を広げることができるようになるからです。

新しい趣味を探している人や、これまでと違うことに挑戦して結果を得たい人であれば、自己啓発に取り組むことで自分が本当にやりたいことに気付くことができます。

7,幸福感を追求する人

自己啓発に取り組んだ方が良い人の七つ目の特徴は、幸福感を追求する人です。

なぜなら、自己啓発によって感謝の意を伝えることや、自分に正直になることで自分の価値観に沿った生き方を貫くことで、長期的な幸福を得ることができるからです。

消極的な心構えでは、常に不幸にフォーカスしてしまうので、自己啓発によって積極的心構えを身につければ、目の前にある幸福に気付くことができるようになります。

それでは続いて、能力開発に取り組んだ方が良い人の特徴について、一つ一つ解説していきます。

1,キャリアアップを目指している人

能力開発に取り組んだ方が良い人の一つ目の特徴は、キャリアアップを目指している人です。

なぜなら、能力開発によってリーダーシップ研修や、専門的な資格取得を行うことによって、目標に近付くことができるようになるからです。

仕事において、昇進やキャリアチェンジなどの転職を意識している人は、能力開発を通じて必要なスキルや知識を得ることが一番の近道になります。

2,新しいスキルを取得したい人

能力開発に取り組んだ方が良い人の二つ目の特徴は、新しいスキルを取得したい人です。

なぜなら、能力開発にはプログラミングやデザインから、特殊技術の専門資格まで、幅広くトレーニングや研修などの学びのフィールドが用意されているからです。

オンラインコースやワークショップなど、学びの場に自分を置いて勉強することが好きな人にとっては、能力開発は最適な場となるでしょう。

3,職場でのパフォーマンスを向上させたい人

能力開発に取り組んだ方が良い人の三つ目の特徴は、職場でのパフォーマンスを向上させたい人です。

なぜなら、能力開発のさまざまなコースでは、タイムマネジメントやプロジェクトマネジメントまで、効率的なものや高度な技術まで学ぶことができるからです。

能力開発なら、現在は学べないものがないと言っても過言ではないほど、多種多様になっていますので、必ず自分のニーズに合ったものを見つけられます。

4,職務の変化に対応する必要がある人

能力開発に取り組んだ方が良い人の四つ目の特徴は、職務の変化に対応する必要がある人です。

なぜなら、新しい環境や新しいソフト、言語について学ぶ場合、適切なトレーニングを受けることによって、環境の変化にも対応することができるからです。

時代は目まぐるしく変化していきますので、企業も人もそれに対応する必要があることから、能力開発を活用することは、周囲とのアドバンテージになります。

5,専門性を深めたい人

能力開発に取り組んだ方が良い人の五つ目の特徴は、専門性を深めたい人です。

なぜなら、能力開発の中で用意されている、専門性のあるセミナーや集まりに参加することで、その業界の最新の知識や技術を直接学ぶことができるからです。

能力開発の場では、特定の分野の専門家と呼ばれる人たちもたくさん介入しているので、リアルで生きた情報や知識を得るためには最適な場となります。

6,リーダーシップを発揮したい人

能力開発に取り組んだ方が良い人の六つ目の特徴は、リーダーシップを発揮したい人です。

なぜなら、能力開発にはリーダーシップトレーニングや、マネジメント研修などの人の上に立つ人としての、学びの場がたくさん用意されているからです。

中間管理職の人や、役員や経営者の人にとって、能力開発の一環として用意されている、こうした学びの場というものは非常に有益となります。

7,趣味などで自己成長を求める人

能力開発に取り組んだ方が良い人の七つ目の特徴は、趣味などで自己成長を求める人です。

なぜなら、能力開発は仕事だけに限らず、趣味や興味のある分野でスキルを磨くことも自己成長に繋がるので、その一環となるからです。

仕事だと能力開発に前向きになれない人の場合には、自分の趣味や興味のあることについて、能力開発を利用してみるのも一つの手です。

自己啓発と能力開発の選択は目的に合わせる

自己啓発と能力開発の関係は、どちらに優劣があるわけではなく、そもそも目的が異なるものです。

ですので、自分の目的に合わせるのと、これまでに述べた内容で、自分がどちらが向いているかを参考にしながら、取り入れるものを選ぶようにしましょう。

例えば、人としての在り方のために内面を変えるなら自己啓発、仕事に役立つ知識や技術なら能力開発、といった具合です。

これは、私個人としての見解ですが、自己啓発も能力開発もどちらも良いものですので、どちらかに限らず両方とも取り入れることをお勧めします。

しかし、これは時間的制約や、金銭的制約なども問題として発生しますので、まずは現在のあなたが、より求めているものから選択するのが良いでしょう。

自己啓発も能力開発も、現在のあなたの問題を解決するだけのポテンシャルは持っているものですので、積極的に取り入れていくようにしましょう。